『パソコンが使える』とは如何に??【ビジネス編】|京都の格安PC教室 キュリオステーション西院店

皆さまこんにちは

 

キュリオステーション西院店 スタッフの田中です。

 

10月ももう終わりですね。

 

うちでは月初めごろに翌月の開校スケジュールを配布します。

そしてその配布するスケジュールは、遡って配布の前月末頃に作ります。

つまり、11月初めに配布するため、そろそろスケジュール作成を始めるのですが、その月がなんと、、、

12月

驚いて目が飛び出る人のイラスト(女性)

至極当然な話ですが、2019年の終わりの月をもう考えていると思うと、「え?!もう?!」という現実味があまり感じられず不思議です。

皆さまもそろそろ年末を感じる時期なのでしょうか。。。

後悔のないように今年を終えたいですね。

 

 

 

さて、今回の記事は、ちょくちょくご質問いただく、

「どのくらいまでできれば『パソコンが使える』と言えるか」

についてです。

 

この問いにはどこまでと言う線引きが難しいのと、広い広いパソコンの世界、私自身もまだまだ勉強中の身であることから、なかなか明確にお答えすることができませんでした。

 

が!

この度思い切ってその禁断の質問にお答えしてみようと思います!

 

そもそも、

『パソコンが使える』とは

パソコンを使ううえで困らない

党捉えると、いくつかのシチュエーションに分かれるのではないかと思います。

 

  • ビジネス編
  • プライベート編
  • 応用編

この3つのシチュエーションを、3回に分けて解説していきたいと思います。

 

 

今回はその中のビジネス編!

ということでさっそく考えてみましょう。

つづきはこちら

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください