皆さまこんにちは。

キュリオステーション西院店 スタッフの田中です。

先日、「とうとうWindows7のシェアがWindows10に抜かれた」というニュースを目にしました。

とうとう来たか・・・意外と早かったな・・・と私自身感じましたが、

ここで、あまりよくわからないというか方のために、ご説明しますと、Windowsとは、OSと呼ばれるパソコンの脳みそのことです。

色々な機能が進化するためには、まずパソコンのOSが進化する必要があり、Windowsは、本格的に一般家庭に広がったとされるWindows95から、これまで実に7回のバージョンアップを繰り返して来ました。

 

そんな中でも、人気の人気の高いOSと不評のOSとがくっきり分かれます。

特にWindows XPとWindows7は大変好評だったため、新しいOSが出て来てもなかなかシェアは変わらないだとうと思われてきました。

そんなWindows7が、Windows10に抜かれたということですから、実はけっこう大きなニュースなわけです。

 

つづきはこちら